介護ブラック企業の見分け方

介護ブラック企業の見分け方

介護ブラック企業の見分け方

  • 転職お役立ち情報
3

介護ブラック企業に転職しないためには?

「給与が安く、長時間労働」すなわちブラック企業が多いイメージの根強い介護業界ですが、ブラック企業と優良企業が混在しているのが実情です。

介護ヘルパーの助けが無いと生活が成り立たない高齢者・障がい者は365日24時間、常に介護ヘルパーを求めています。

そのため、介護事業者は全国で溢れる介護ニーズを自社でまかなえるよう介護施設を増やし、介護ヘルパーを採用していますが、仕事量に対して働く人の数が足りず(一部は人件費を抑えて利益を出すために意図的に配置しないケースもあり)、劣悪な労働環境が生まれている介護現場が多くあります。

主にブラック企業は、24時間労働を強いられやすい施設介護において起こりやすい傾向にあり、以下の特徴があります。

介護転職をご検討の方は、選考活動の途中や入社前に現地視察と求人票、選考活動を通じてブラック企業か否かを見極めていただければと思います。

3

ブラック企業を見極めるチェックポイント

<介護現場編>

・スタッフに笑顔と余裕が無い

・サービス残業が横行している(勤怠管理がアバウト、着替えてからタイムカードを押させる、30分未満の残業代を払わない等)

・正社員を年俸制で契約し、深夜残業代や宿直手当などを支給しない

・利用者からのパワハラ、セクハラ対策が無い

・スタッフの有給休暇消化率が低い、またはゼロ

・退職月の給与が支払われない

・行政への提出書類を改ざんし、不正に介護報酬を多く受け取る

<求人票・選考編>

・求人サイトに求人票が出続けている

・ボーナスや有給休暇、福利厚生などの明記が無い

・不自然に待遇が良い(主に同じエリア内の介護施設と比較して)

・採用面接で細かい質問がされずすぐに内定が出て、即日から働ける

・求人票や面接時の待遇と入社後の待遇が違う

「介護の天職」からこの求人に応募すると・・・

必ずもらえる
就職お祝い金!

面接交通費として
毎回1,000円分のクオカード進呈!

専門のキャリアアドバイザーが、
親切・丁寧に就職サポート!

LINEでの
お問い合わせOK

転職サポートお申し込み

いますぐお電話でご相談

0120-913-067平日10:00~19:00

まずはサポートをお申し込み

無料で見つかる!転職サポートお申し込み