介護転職における面接のコツとは

介護転職における面接のコツとは

介護転職における面接のコツとは

  • 転職お役立ち情報
3

清潔感とマナーで差がつくのが介護業界の面接

介護転職における面接においては、意外なところで他の求職者と差別化が図れます。そのキーワードは清潔感とマナーです。

介護の現場では私服での動きやすい服装での勤務が多いということもあってか、その延長で面接に臨む人が多く、他の業界に比べて服装や身だしなみに気を遣っていない人が多いという特徴があります。

そのため、きちんとクリーニングに出したキレイなスーツとピカピカに磨いた革靴を身に付け、爪や髪を清潔に整えるなど、全身のみだしなみを整えて面接に臨むだけで、他の求職者との差別化となります。

また、履歴書や職務経歴書もシワの無い状態で持参し、面接時間の10分前には受付に到着するなど、出来る限りマナーに気を遣うことで転職先企業に好印象を植え付けられます。面接が始まる前にも選考は始まっているのです。

3

面接本番は笑顔と自然体で

面接本番では採用担当者や入社後の上司となる可能性のある現場責任者が面接官となる会社がほとんどです。面接官は基本的には介護現場で人が足りないので採用したくて面接に臨んでいます。

「この人は熱心に長く働いてくれそう」

「この人は他の社員や利用者とその家族とトラブルを起こさないだろう」

このように面接官に思わせられれば内定が貰える可能性が高くなります。そのため、朗らかな自然体の笑顔で終始面接に臨み、長く働ける環境を求めての転職であることを随所で伝えていくことが有効です。

3

これをやると面接で落ちる対応3選

逆に面接で以下のような対応をすると印象が非常に悪くなります。

・質問に対する回答が長く、一方的にしゃべる。(面接官とのコミュニケーションを大切にしていない。)

・今の職場や過去の職場の悪口や愚痴を言う。(ネガティブな表現が多い。)

・休暇や福利厚生、給与に対する質問が多く、実務に関する質問が少ない。

上記3つのNG事例を踏まえ、介護転職の面接を乗り越えましょう。

「介護の天職」からこの求人に応募すると・・・

必ずもらえる
就職お祝い金!

面接交通費として
毎回1,000円分のクオカード進呈!

専門のキャリアアドバイザーが、
親切・丁寧に就職サポート!

LINEでの
お問い合わせOK

転職サポートお申し込み

いますぐお電話でご相談

0120-913-067平日10:00~19:00

まずはサポートをお申し込み

無料で見つかる!転職サポートお申し込み