介護転職における退職の仕方について

介護転職における退職の仕方について

介護転職における退職の仕方について

  • 転職お役立ち情報
3

退職に関する正しい知識を身につけよう

 転職には「今の会社を辞める」という手続きが必ずつきまといます。

特に人手不足の介護業界では退職者が出ることにより、周囲のスタッフの負荷が増えたり、一時的に売上が下がったりするケースが多いため、勤務先が簡単に辞めさせてくれないケースがあります。

例えば会社から「引き継ぎが終わっていない」「就業規則で退職の1ヶ月前に伝達が義務付けられているからすぐには退職届けを受理できない」などと言われるケースもありますが、最終的には「退職届を会社に提出してから2週間後に退職可能」という法的なルールがあり、退職理由も「一身上の都合」と伝えれば問題ありません。

また、長く勤務した会社であれば退職金の規定があるケースもありますので、調査のうえ、退職することをオススメします。

3

退職の申し出は転職先が決まってから

 勤務先に退職について報告するのは勇気がいることであり、上司に言い出すタイミングはなかなか難しいものです。

基本的には、転職先から内定が出て、内定受諾をして入社時期が決まった時点で、勤務先に退職の意思と時期を伝えるというのが一般的です。

まれに次の会社が決まっていないのに、勤務先に退職を申し出る人がいますが、希望の転職先から内定を貰えないケースや、転職先への入社月が数ヶ月先になった場合に無職の期間が生まれて経済的に苦しくなるケース、転職活動をはじめてみたら逆に今の会社の良さが見えて残りたくなったというケースなどもあるため、あまりオススメできません。

転職先が決まり、会社へ退職届けを提出した後の、残りの在籍期間に一生懸命仕事をすることも、円満退職の秘訣です。

慢性的な人材不足のため比較的転職がしやすい介護業界ではありますが、後ろめたい気持ちが無い状態で転職先での新たなスタートを切れるのが理想となりますので、円満な退職を目指しましょう。

「介護の天職」からこの求人に応募すると・・・

必ずもらえる
就職お祝い金!

面接交通費として
毎回1,000円分のクオカード進呈!

専門のキャリアアドバイザーが、
親切・丁寧に就職サポート!

LINEでの
お問い合わせOK

転職サポートお申し込み

いますぐお電話でご相談

0120-913-067平日10:00~19:00

まずはサポートをお申し込み

無料で見つかる!転職サポートお申し込み