介護転職における自己分析の進め方とは

介護転職における自己分析の進め方とは

介護転職における自己分析の進め方とは

  • 転職お役立ち情報
3

なぜ介護転職には自己分析が必要か

 介護職の転職において、他の業界と比べ、特に自己分析が重要となります。
なぜなら介護業界で働く人には「介護観」と呼ばれる、介護サービス提供におけるポリシーがあり、ここが勤務先の方針と異なると気持ちよく働けないからです。

元々家事労働すなわちボランティアからはじまった介護は、その後時代の流れとともに介護ビジネスへと変貌しましたが、企業によりその事業スタンスは様々です。

介護サービスの利用者とその家族に対し、奉仕精神を持って接することを大切にする企業もあれば、サービスの質に加えて売上や利益を特に重視する企業もあります。

そのため、自己分析により自身の持つ介護観を明確にし、その介護観に合った企業を見つけることが、幸せな転職の第一歩となります。

採用する企業側も、自分の介護観を理解して語れる人材の方が自社の風土と合うかどうかや、どの部署に配置すべきかどうかを明確にイメージできるため内定を出しやすくなります。

3

介護転職における自己分析の3ステップ

介護転職のための自己分析のやり方について3つのステップに分けてご説明します。

5

STEP1:得意な仕事と苦手な仕事を振り返る

転職活動の面接では、これまでの介護職としてのキャリアについて根掘り葉掘り聞かれます。そのため、過去の職務経歴について一度時系列で思い出して整理しておくことが大切です。この整理によりスムーズに過去のエピソードを話せるようになるので、選考が有利に進みやすくなります。

特に過去の介護職経験を振り返り、印象的な成功と失敗のエピソードを出来るだけ多く書き出すという手法が有効です。

利用者や家族、上司に褒められた成功事例は自身の得意な仕事である可能性が高いものです。

一方で苦手な仕事については、「その弱点を克服するために努力しています」という改善策の提案とセットで整理しておくと面接でスムーズな回答が出来るようになります。

5

STEP2:サービス利用者や家族のことを振り返る

これまでの介護職のキャリアの中で印象的だった利用者やその家族の顔を思い出しましょう。

その時にあなたが感じたことにあなたの介護観がにじみ出ます。

「親切に対応した利用者家族から感謝された」ことが嬉しかったという人もいれば、「部下の介護スタッフが起こしたトラブルを解決した際の達成感と安堵感が忘れられない」という人もいます。

この振り返りを行うことで、自身が介護職として大切にしてきたことや、どういう時に仕事に充実感を感じられるかを把握できますので、次の職場探しの明確な指標ができることとなります。

5

STEP3:転職後にどんな介護がしたいかを考える

STEP1、STEP2の作業を行う中で、「今後新しい介護現場でこんな介護をしたい」という熱意が芽生えて来たところではないでしょうか。

採用面接においても、転職後どんな仕事(介護)をやりたいかについては、ほぼ100%聞かれます。そのため、スムーズに回答できるよう準備しておきましょう。

STEP1〜3の自己分析結果を紙に書き出し、転職活動中に眺めたり適宜修正したりすることで、介護観の合う相性のいい転職先を見つけやすくなります。

「介護の天職」からこの求人に応募すると・・・

必ずもらえる
就職お祝い金!

面接交通費として
毎回1,000円分のクオカード進呈!

専門のキャリアアドバイザーが、
親切・丁寧に就職サポート!

LINEでの
お問い合わせOK

転職サポートお申し込み

いますぐお電話でご相談

0120-913-067平日10:00~19:00

まずはサポートをお申し込み

無料で見つかる!転職サポートお申し込み