やっぱり低いの?介護職の年収とは

やっぱり低いの?介護職の年収とは

やっぱり低いの?介護職の年収とは

  • マネープラン
1

◆介護職の年収ランキングは?

 介護職は年収が低いわりに仕事がきつくて大変。そんなイメージが定着してしまった感がありますが、実態はどうなのでしょうか?今回は客観的な数値をもとに、介護職の年収について解説します。厚生労働省が発表している「平成29年賃金構造基本統計調査」をもとに東洋経済新聞社が作成した129の「職業別年収ランキング」によると1位~10位は以下となっています。

1位 医師(1,237万)

2位 航空機操縦士(1,192万)

3位 大学教授(1,051万)

4位 公認会計士、税理士(1,042万)

5位 弁護士(1,029万)

6位 大学准教授(861万)

7位 記者(822万)

8位 不動産鑑定士(777万)

9位 歯科医師(757万)

10位 大学講師(708万)

 さすがTOP10 ともなると給与も高額で、医師を筆頭に、取得するのが難関な資格を持った職業がずらりと並びますね。では、介護職の年収はいったい何位になるのでしょうか?介護に関係のある職種を拾ってみました。

20位 薬剤師(543万)

36位 看護師(478万)

72位 准看護師(405万)

74位 理学療法士、作業療法士(404万)

87位 ケアマネージャー(377万)

95位 栄養士(345万)

106位 福祉施設介護員(329万)

116位 ホームヘルパー(313万)

 うーん、やっぱり。介護職の年収は、129職種の中ではやはり下位の方に位置しています。上を見てもきりがないですが、介護職より低い年収の職業を見てみると117位警備員(308万)、119位に理容・美容師(295万)といった身近な職種の方がいます。

さらに、ワースト5を見てみると

125位 調理師見習(252万)

126位 スーパー店チェッカー(251万)

127位 ビル清掃員(241万)

128位 洋裁工(232万)

129位 ミシン縫製工(208万)

さすがに年収250万以下はきついですね。介護職の年収より100万円以上低い職種もあるのが現状です。

1

◆介護職の年収が低いのは男女比が原因?

 ランキングだけを見ていくと、やはり介護職は年収が低いという結論になってしまいそうですが男女比に注目すると、ちょっと違った見方もできます。平成26年度の男女別平均年収を比べてみると

正規男性社員 532万

正規女性社員 359万

 男女間で170万円以上もの格差が存在しています。TOP10 で見てきた職業は圧倒的に男性比率が高いのに対し、介護職は訪問介護で(男性1:女性9)施設職員で(男性2:女性8)といわれています。
男女間の格差が大きいことがそもそもの問題ではありますが、正規女性社員の平均359万円と比べると、平均には届かないけどそこまで低いとは言い切れないのです。

1

メールアドレスを入力して続きを表示

「介護の天職」からこの求人に応募すると・・・

必ずもらえる
就職お祝い金!

面接交通費として
毎回1,000円分のクオカード進呈!

専門のキャリアアドバイザーが、
親切・丁寧に就職サポート!

LINEでの
お問い合わせOK

転職サポートお申し込み

いますぐお電話でご相談

0120-913-067平日10:00~19:00

まずはサポートをお申し込み

無料で見つかる!転職サポートお申し込み